2022-12-05
Breaking News

地域ぐるみで支援する地域密着型で働く魅力

地域密着型サービスは、利用者が慣れ親しんだ地域生活し続けられるよう、地域ぐるみで支援ができるようなしくみとなっています。したがって、該当する地域に住んでいる利用者に対してのみ、サービスを行うことなっているのです。一日に複数回、定期訪問をし必要時には家庭にも赴く「定期巡回・対応型訪問介護看護」、施設で認知症高齢者に必要な支援や訓練を行う「認知症対応型通所介護」などが該当します。老人ホームといった入所タイプのものもあり、サービスの内容は様々です。そのため仕事内容や働き方などもそれぞれ変わってきます。
例)定期巡回・対応型訪問介護看護の場合の働き方…http://teiki-houmonkaigo.com

地域密着型サービスの仕事の魅力として、早い段階から介護士としてのスキルアップができる、というものが挙げられます。これは、地域密着型サービスが複数のサービスとの連携で成り立っているため、様々なタイプの人とのコミュニケーションの機会が多いこと、訪問や通所、泊りなど、多岐にわたったサービスを提供するため覚えねばならない業務内容が多く、かつ柔軟に対応する力が求められることが理由です。介護はヒューマンサービスの仕事であるため、コミュニケーション能力は欠かせません。そして知識量やそれに基づく実践経験が豊富であれば、今後の転職やキャリアアップの際に非常に有利になるでしょう。

また、この仕事は利用者一人ひとりに寄り添って仕事ができるため、利用者にあわせた手厚いサポートを提供できます。そうすることで利用者の満足度も高くなり、やりがいを感じながら仕事をこなすことができるはずです。